自然派化粧品と無添加化粧品の違いって何?

化粧品コーナーに行くと、自然派化粧品と同じくらい「無添加化粧品」

という言葉もよく目にします。

自然派と無添加、なんだかイメージが似ていますよね?

同じものなのかなと思いましたが、実は全然違うものです。

私も間違えましたが、無添加化粧品とは化学的に作られた合成成分が全く入っていない化粧品のことではなく、旧厚生省により指定された、102種類のアレルギーを起こす危険性のある化粧成分を配合していない化粧品のことを言います。

天然成分を配合して作られている化粧品のことを指す自然派化粧品とは全く違いますね。

現在は化粧品の成分は全てを表示しなければならなくなっているので、どんなものが配合されている化粧品なのかはパッケージなどを見ればわかりますが、それ以前はこの102種類が配合されている場合だけ表示しなければいけないことになっていました。

これらの成分は指定表示成分と言われていて、有名なものでは防腐剤のパラベンなどがあります。

そういった成分を添加、つまり配合していない化粧品であれば、すべて無添加化粧品となるのです。

指定表示成分を配合せずに、天然由来の成分を配合した化粧品を作ったら、それは無添加化粧品であり、自然派化粧品でもあるのです。

ややこしいですね。

無添加の基準になる指定表示成分は確かにアレルギーの原因になりやすいものですが、それ以外にも肌トラブルを起こしやすいものはたくさんあります。

例えば防腐剤として使用されているフェノキシエタノールですが、同じ防腐剤のパラベンよりも毒性は低いと言われているので自然派化粧品にもよく配合されていたりします(毒性が低いと言っても配合量によってはなんとも言えないので、一概には言えませんが…)。

しかし、人によっては肌がピリピリする刺激を感じたりするので、指定表示成分ではないからといって安全であるとは言い切れません。

無添加化粧品であっても自然派化粧品であっても、石油由来の化学系の成分も配合されていたりするので、やはり成分をしっかりと確認して、自分の肌に合わない成分が配合されているものでないことを見極めなければいけませんね。


Comments are closed.